2007年5月15日 (火)

実話マッドマックス6月号

新右翼の旗手・統一戦義勇軍線針谷大輔議長の取材記事がカラー3P。

現代の日本人が失いつつあるものを持っている針谷議長。とても多くのことを彼から学ぶことのできた取材だ。私は暴走族から更なる不良の道に進んだが、少年時代を如何に過したかは将来に大きく影響するのだろう。

沖縄真栄原社交街(ちょんの間)を潜入した記事がカラー2P。

沖縄の風俗嬢がお客に向ける笑顔は作り物ではないようだ。とても苦労を感じず、楽しく働いている感じさえ受けた。おそらく経営者もあこぎな商売をしていないのだろう。それにしてもセーラー服やゴスロリと言うフアッションの女性までお店の前に座っているのだから驚いた。ちなみに私は彼女たちのハダカを見てなければ抱いてもいません!

0102_1 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

実話ドキュメント&実話マッドマックス

_040 実話ドキュメント(毎月29日発売)に連載中の「歌舞伎町ちんぴらの心」が読者に好評を受けているようだ。ノンフィクションと言ってもいい実体験を元にした内容である。

そして実話マッドマックス(毎月7日発売)には「侠のインタビュー」として、今月号に住吉会住吉一家武蔵屋十代目の若者親睦会を取材した記事が掲載されている。

又、劇画マッドマックス(毎月17日発売)の漫画原作も好評のようだ。今月号は「極妻ホストクラブ占拠」という恐ろしき極妻の存在を明らかにしている。先月号は「シャブセックス」というヤクザと看護婦のHな話で少々お恥ずかしいが、興味のある方は取り寄せて読んでみて下さい。

我が著書「刑務所ぐらし(道出版)」も売り切れを目前にしており、購入される方は紀伊国屋書店やアマゾンなどにてお買い求め下さい。各書店にても注文取り寄せが出来ます。

過去の執筆記録は画面の左端をクリック。またコメントには必ず返答しますので、どんな相談意見でもお書き込み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

刑務所ぐらし

3月27日に道出版から販売された著書「刑務所ぐらし」が在庫少量のようです。紀伊国屋にまだ置いてあるようですが、アマゾンなどのネット購入も可能なのでぜひ読んでください。本屋にて注文も可能です。

詳しいことは執筆記録をクイックしてください。

「怪しい情報」「すべての悩み」「更正したい」「更正したくない」の相談を受け付けます。「刑務所」「ヤクザ」「ドラッグ」事情を知りたい方もコメントください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

中野ジロー参上!

 複雑な家庭環境の中、早くから親元を飛び出し悪事に手を染めながら中野、新宿界隈で育つ。

 17歳頃、伝説の暴走族「中野ブラックエンペラー」を設立。アタマとして100人以上の配下をまとめ、燃える青春時代を過ごす。

 19歳頃、関東で大きな勢力を持つ某任侠団体に加入、組幹部になり新宿歌舞伎町を中心に暗躍するが、様々な犯罪で逮捕され刑務所生活17年(前科8犯、逮捕歴17回)。

 現在は、一念発起し、日夜、精力的に執筆活動を続けている。主に「実話(劇画)マッドマックス」など実話系雑誌に取材記事や漫画原作を手がけている。詳しいことは「中野ジロー執筆記録」をクリック。

 初書き下ろし「刑務所ぐらし」が道出版から3月28日には発売。刑務所生活マニュアルでエピソードも満載。対人関係や厳しい規律で苦しむ一般サラリーマンも必読をお薦め。社会の縮図といわれる現代の「生き地獄」に目を向けて見ては如何でしょう?

 暴走族、ヤクザ、刑務所などアウトロー全般のライター第一人者であり、過去に重ねた罪の償いのために更正の相談もひきうけている。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

初書き下ろし「刑務所ぐらし」3月28日発売

_017_1  3月28日「刑務所ぐらし(道出版)」から発売される刑務所生活完全マニュアル!
 対人関係や厳しい規律で悩めるサラリーマンから一般の方々、この本を読めば逆境から抜け出せることになるでしょう。また刑務所の実態を数々のエピソードを加えた文中で暴かれてもおります。マイナスをプラスに切り変えるための勇気や心強さを与えてくれる本ですのでぜひ書店にてお買い求め下さい。ネット上でも「刑務所ぐらし(ソフトカバー1200円)」は「道出版」において購入申し込みができます。更正のため、人間学を学ぶためにも必読本です!

 発売に先立ちまして出版記念パーテイーを「ジローを応援する会」主催で行ないます。
     日時・平成18年3月19日(日)PM5:00~7:00(PM4:30オープン)
     場所・台湾樂樂一館ダンスホール(200名収容可能)
     会費・5000円(出版本お持ち帰り)
     所在地:東京都新宿区大久保1-11-3 大東ビル地下1階(職安通り沿い)
            都営大江戸線東新宿駅徒歩5分 西武新宿駅北口徒歩5分
            TEL・03-3204-4881 http://www.rakurakuichikan.co.jp
 
 発起人代表・漫画家最長老の森哲郎氏
    発起人・塩見孝也氏
         鈴木邦男氏

 また当日は、ブイシネ俳優、映画監督、作家、ミュージシャン、実業家、出版関係者など多数のご参加が予定されております

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント | 書籍・雑誌 | 音楽