« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月 8日 (木)

第2回塀の中で懲りちゃった面々

・・・・・イベントのお知らせです。こりゃ負けられぬ!・・・・

『第2回塀の中で懲りちゃった面々』  針谷大輔VS中野ジロー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拳銃1丁と実弾204発で、3年4ヶ月の刑期を務めた新右翼の旗手・針谷大輔氏は塀の中で懲りなかった。まだ国防のために武装闘争も辞さない覚悟だというが、今でも武器を隠しているのでは???

又、悪事の限りを尽くした中野ジローは、獄中に17年間放り込まれて懲りちゃった。それで作家として更生したというが、まだ怪しいアウトローの匂いがプンプンと漂う・・・。

かつて二人とも暴走族の元リーダーであった。神奈川の横浜連合と東京のブラックエンペラーがお互いの歴史を背負い、激突するトークライブだ。凄まじい戦いが繰り広げられることであろう!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【場所】 新宿ネイキッドロフト

東京都新宿区百人町 1-5-1百人町ビル F 

TEL03-3205-1556 http://www.loft-prj.co.jp/naked/

【日時・料金】 平成19年4月15日(日) 

OPEN1830 START1900~10:30 ¥2,00(+1ドリンク)

【ゲスト】山田加奈(ブラックエンペラーレデイース元総長) 偉大なるスペクター&エンペラーの元総長など多数参加予定。

【出演者略歴】

☆針谷大輔・・・昭和40年東京都生まれ。新右翼民族派団体統一戦線義勇軍議長。暴走族・横浜連合総会長として神奈川で名を轟かす。引退後は右翼の世界に身を投じ統一戦線義勇軍に加入する。池子米軍住宅反対闘争に従事。昭和62年には住友不動産会長宅襲撃事件に参画。その後も実戦活動家とし武装化する中、平成8年銃刀法違反で検挙。3年4ヶ月の刑期を広島刑務所にて過ごす。服役後は、熱情的な弁舌と行動力を武器に、多肢に渡って活動を展開。新右翼の将来を担う指導者と目される逸材。  http://www.giyuugun.jp/


☆中野ジロー・・・昭和35年愛知県生まれ。ザ・アウトロー作家。暴走族全盛時代に中野ブラックエンペラーを設立。非行の限りを尽くしたあげく新宿歌舞伎町でヤクザ渡世に身を置いて26年。更なる悪事に手を染め獄中生活17年。「更生不可能」との烙印まで押されたが、平成17年の6月に7回目の服役を京都刑務所で終えて一念発起。それまでの体験を生かして執筆に専念。「実話・劇画マッドマックス」などの雑誌に取材記事や漫画原作を多く手がけ、「月刊実話ドキュメント」には小説『歌舞伎町チンピラの心』が好評連載中。著書には『刑務所ぐらし(道出版)』がある。 Photo Photo_1


| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年2月 7日 (水)

“暗黒ドヤ街”年越し現場

Photo_3 『実話マッドマックス』平成19年2月7日発売号(カラーグラビア3P)
世界初公開、日本最大スラム街の行く年来る年だ。この取材の為、新年を日本一の無法地帯で迎えることになった。
まさか三角公園の片隅に立つ塔の上にあるテレビで「行く年、来る年」をホームレスたちと一緒に観るとは・・・。
飛田新地に足を向けると、すでに閉店しており怪しげな空気がただ漂う静まりかえった闇路を歩いた。色気も何もありゃしなかった。
そして元旦には「泥棒市」と呼ばれる朝市で買い物をしようっと思ったが、ただ値札が付いた乗用車を眺めていただけである。きっと、あれも盗品だったのだろう。
お雑煮は白味噌仕立てのを、西成のゴッドマザー宅で何杯もご馳走になった。お節料理やカニまで、たらふく食べた。初めて家庭的な正月気分を味わったので、私の実家かと勘違いしてしまった。東京に帰るのが嫌になったのである。新幹線のキップが取れないのを理由に、三が日をゴロゴロとコタツに入って過した。
だが3日の夜、大阪の友人たちにお酒を飲みに誘われた。ミナミの居酒屋で深い友情を感じながら、何故か私も関西弁で喋っていた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »